20%割引の2月クーポンコードです : OTOJP20%Feb

20%割引の2月クーポンコードです : OTOJP20%Feb

CBDとは?

すべての質問にお答えします

CBDはカンナビジオールの略で、麻の植物に含まれる非毒性・非精神作用成分です。THCとは異なり、ハイになることはなく、中毒性もありません。CBDは英国や日本でも合法であり、世界保健機関(WHO)によって安全であると宣言されています。

いいえ、CBDはあなたの脳の多幸感や見当識障害を引き起こす部分と相互作用しません。麻に含まれているTHCとして知られている成分は、OTO製品には含まれていません。

OTOの製品はTHCフリーでアイソレートCBDのため、厚生労働省から認定されてます。

CBDオイルを理解するために、まず私たちはエンドカンナビノイドシステム(ECS)について話さなければなりません。ECSは、食欲、痛みの軽減、消化、生殖、ストレスと記憶、中毒、うつ病といったものを調節する、私たちの体の主要調節システムです。ECSが効果的に機能するためには、カンナビノイドと呼ばれる化合物の安定した供給が必要です。カンナビノイドの中には、体内で作られるものもあります(エンドカンナビノイドと呼ばれます)。その他のカンナビノイドは、植物によって作られます(植物性カンナビノイドと呼ばれます)。最も有名な植物性カンナビノイドの1つがCBDで、これはカンナビジオールの略です。

CBDオイルは、あなたの体にすでに備わっている機能に触れ、調整し、健康的なバランスを維持するのをサポートするために素晴らしいです。体がストレスや不安を効果的に処理するのを助け、その結果、ホルモンレベルのバランスを整え、睡眠の質を改善します。その結果、特に毎日のルーティンの一部として摂取した場合、より落ち着いて集中し、生産的な感覚を残すことができます。スキンケアに局所的に使用する場合、CBDはまた強力な利点を持っています。個々の肌のニーズによって異なる反応を示すCBDは、信じられないほど多目的な成分です。それは健康な肌の若返りと皮脂の生産をサポートし、オイリー肌と乾燥肌の両方を同様に活性化し、バランスを整えます。CBDはまた、抗酸化物質であり、フリーラジカル(活性酸素)のダメージから肌を保護します。

完璧な量は人によって異なりますが、どんなに取り入れても、人間の体はしたくてもCBDを過剰摂取することはできませんので、ご安心ください。あなたの体がどれだけ効率的に体内バランスを維持しているかによって、同じ量のCBDが次の人と比べて異なる影響を与えるかもしれません。あなたの体が必要としない余分なCBDは、あなたの体から自然に洗い流されます。

完璧な量は人によって異なりますが、どんなに取り入れても、人間の体はしたくてもCBDを過剰摂取することはできませんので、ご安心ください。あなたの体がどれだけ効率的に体内バランスを維持しているかによって、同じ量のCBDが次の人と比べて異なる影響を与えるかもしれません。あなたの体が必要としない余分なCBDは、あなたの体から自然に洗い流されます。

CBDは、ビタミンのように毎日の習慣の一部として一貫して摂取するのが最善で、そうすれば常にあなたの体のシステムで利用可能になります。私たちの研究によると、完全な効果が現れるには、毎日40mg以上のCBDを3〜4日間摂取する必要があることがわかりました。私たちは、1日40〜60mgの最適な摂取量を提案します。英国の食品基準庁のガイダンスでは、食品または飲料での1日の最大摂取量を70mgと推奨しています。.

多くのビタミンと同様に、過剰なCBDは私たちの体から自然に除去されます。したがって、大量のCBD(すなわち、数百または数千ミリグラムまたはmg)を摂取した場合の主な効果は、分子を自然に分解するために肝臓の活動が活発になることでしょう。OTOの製品はすべて、CBDに関する政府のガイドラインの範囲内に収まるように慎重に設計されており、サポート量として14060mgに重点を置いていることもその一例です。

CBDへの反応は人それぞれです。もしあなたが何の効果も感じないのであれば、それはあなたの体の内部システムがすでに最高の状態で動いているのかもしれません。エンドカンナビノイド系やその他の体内調節系が正しく機能していれば、つまり、あなたの体はストレスやその他のアンバランスに迅速かつ正しく反応することができるのですが、CBDがそれを変えることはありません。また、そのような状況下で悪影響を及ぼすこともありません。

 

効果が限定的であるもう1つの理由は、あなたが使用しているCBDの量が少なすぎるか、体内でサポート効果を構築するには頻度が低すぎることかもしれません。もしあなたが1日に5mgか10mgしか摂取していないなら、あなたの体は、それがあなたを助ける機会を得る前に、単にそれを取り除いているかもしれません。除去されているのではなく、影響を及ぼすのに有効な量ではないのです。

CBDアイソレートは、麻の植物から抽出された成分からさらに純粋なCBDの成分だけを分離した最終形態です。それは、不純物といったCBD以外の成分物質から離された純粋なCBDのことです。私たちは純粋なCBDアイソレートを使用することで、すべての製品でOTO Strengthである最高条件を維持することができます。フルスペクトルCBDは精製度が低く、THCのような向精神性または中毒性のものを含む他のカンナビノイドを含んでいます。ブロードスペクトラムCBDも他のカンナビノイドを含んでいますが、THCは除去されています。それでも、CBNを含む残りの分子のいくつかは、あなたが住んでいる場所によっては違法となる可能性があります。

「アントラージュ効果」は、THCを麻から分離すると、薬としての効果が低くなる理由を説明するために、1990年代に初めて提案されました。その時点では、CBDの効果は考慮されておらず、消費者製品も考慮されていませんでした。したがって、CBDの側近効果という言葉は、日本では認可された医薬品以外では違法であるTHC含有製品に対して作られたものであり、正しいとは言えません。現段階では、CBD製品の側近効果は、根拠のないマーケティング上の誇大広告と考えるのが妥当でしょう。

カンナビジオールまたはCBDは、ヘンプとして知られる非酩酊状態のものを含むすべてのカンナビス・サティバ植物に含まれる植物性カンナビノイド分子です。皮膚に吸収されると、CBDは塗布された部分に留まるとともに、エンドカンナビノイド系に移動して一連の有益なプロセスを刺激し、活性化します。CBDは、体内の全体的なバランスを回復するのに役立つ最も効果的な化合物の1つであると考えられています。スキンケアでは、CBDは、その鎮静、抗酸化、鎮静、オイルバランス効果のおかげで、すべての肌タイプに役立つことができます。

 

ヘンプオイルは、麻の実を低温圧搾して中身を抽出したものです。この種子油は栄養価が高く、他の多くの植物油と同様に料理に使用したり、化粧品のベースとして使用したりすることができます。ただし、ヘンプオイルには基本的にCBDは含まれていません。製品にCBDが含まれているかどうかは、ラベルに記載されているCBDまたはカンナビジオールの量をミリグラム(mg)単位で見ることで確認することができます。もし製品がカンナビサティバオイル、つまりヘンプオイルだけを含んでいる場合は、CBDは含まれていません。

CBDは様々な形態で入手できます。CBDはティンクチャーとして最も一般的に見られます。私たちは、CBDとビタミンC、D、Eが詰まった朝のティンクチャー「パワードロップ」、ラベンダーのような肌を落ち着かせたりリラックスさせてくれるボタニル成分を特徴とする夜のティンクチャー、「スリープドロップス」を用意しています。しかし、CBDを摂取することに抵抗がある人や、外出先でCBDを簡単に摂取したい人のために、当社のパルスポイントロールオンオイルは、補完のエッセンシャルオイルと組み合わせたCBDの効果的な用量を提供します。また、朝の紅茶、コーヒー、スムージーに使用するための「ブースター」、トニック、ジュース、カクテルに使用したり、夜のアルコールの代替品として機能するように設計されたカクテル「ビターズ」、1日中単独で楽しむための「セルツァー」など、さまざまな飲料を提供しています。

CBDは麻の植物に由来しますが、カンナビノイドとして知られる104種類の化学物質のうちの1つです。天然に存在する物質で、これを抽出してキャリアオイルの多くは麻の実やココナッツ-と混ぜると、CBDオイルになります。最もよく知られているカンナビノイド、テトラヒドロカンナビジオール(THC)とは異なり、CBDは精神作用がありません。つまり、麻と最もよく関連する感覚である「ハイ」になることはありません。しかし、さまざまな健康と薬効を提供することが報告されており、これが称賛の声が高まっている理由です。

CBDは鎮静剤ではありません。CBDがすることは、あなたの体のバランスとホメオスタシスを促進することであり、したがってあなたの概日リズムの最適な機能をサポートすることです。夜、それはあなたがリラックスし、くつろぎ、その日のストレスを手放すのを助け、その結果、あなたはぐっすりと眠りにつき、翌朝にはすっきりと目覚めることができるようになります。自然に目覚める時間帯(例えば日中)にCBDを使用すると、CBDの摂取が覚醒度と集中力を向上させることが研究で示唆されています。

薬物治療を受けていて、CBDの摂取を考えている場合は、必ず医療専門家に相談してください。

科学界は現在、妊娠に対するCBDの影響について十分な証拠を持っていません。そのため、妊娠中や授乳中のCBDの使用はお勧めできません。

すべての商品と同様に、CBD製品には賞味期限があります。OTOは、OTO製品の寿命を通じて最高の経験を得ることを保証するために、ボディオイルにはホホバとアプリコットカーネルオイル、ドロップには精製ココナッツオイルなど、最高品質のキャリア成分のみを使用しています。また、独立した試験機関により、開封後少なくとも12ヶ月間は安全で効果的に使用できることを確認しています。.

長期的に使用することです。CBDを毎日(あるいは少なくとも定期的に)使用することが、結果を見るための最良の方法です。始める前に何を見るべきかを知っておいてください。今日のあなたの体の状態をよく観察することで、明日のあなたの体がどのような状態なのかを計ることができます。毎日、体がどのように反応しているかを観察するために、体を休めるときに飲むのもよいでしょう。特に最初のうちは、変化が小さくて気づきにくいものです。メモを取ることで、時間の経過とともに違いを確認することができます。



CBDはあなたの肌の健康的な若返りをサポートします。CBDは非常に「脂漏性」で、受容体と反応し、皮膚の油の産生のバランスを取り、制御するのを助け、にきび、シミ、黒ずみなどの不純物の減少につながります。また、抗酸化物質でもあり、フリーラジカル(活性酸素)による日々のダメージから保護するのを助けます。最後に、CBDは自然に栄養を与えるオイルであり、使用後は肌に潤いと柔らかさを残します。

Can’t find what you’re looking for? Contact us on 02039635955, email us at info@otocbd.com or book for an online consultation here.
0
    ショッピングバッグ
    カートは空ですショップに戻る